クレジットカードは紛失後の手配も大切です

何かと頼れる存在であるクレジットカード。
お財布に現金は少ししかもたず、ショッピングにはクレジットカードを愛用しているという方も多いことでしょう。
実際クレジットカードを使用すると、特典としてポイントがたまり、そのポイントがまた現金代わりとして使用できたりするので利用することが節約につながったりもします。
私もそんなお得感にひかれてクレジットカードを愛用し続けているのですが、くれぐれも紛失に注意すること、また万が一紛失した場合には素早くクレジット会社の紛失時の連絡先に電話をかけることがとても大切です。
実は私はお財布を紛失した経験があります。
近所のショッピングモールの中にある子供の有料遊び場に同行して入り、子供を遊ばせていた時のことです。
子供と遊んでいるうちに、お財布がなくなっていたのです。
子供の遊び場でしゃがんだりよじ登ったりと動き回っているうちに、いつの間にかお財布がジーンズの後ろポケットからするりと抜け出てしまっていたのです。
結局紛失したのに気付いたのは帰宅後でした。
すぐにその遊び場に連絡をとり、お財布をなくしたこと、見つかったら連絡を欲しいことなどを告げました。
そして財布には免柾リ、キャッシュカード、クレジットカードが入っていたので、それぞれを停止するための連絡をとったのです。
後日、紛失したお店とは違うお店(自分は行ったことがない)から、免許証のはいった財布がトイレに捨ててあったので…と連絡が入りました。
結局クレジットカードは戻ってきませんでしたが、ただしその後クレジットカード会社から「使おうとした形跡がありました」との連絡があったのです。
このとき、冷や汗がでる思いだったのを今でも覚えています。
おそらく拾ったのは、ごくごく一般の、しかも幼児の遊び場に同行していた子供の親だと思います。
しかしそれでも財布にあった現金を自分の遊びに使用して、カードまで使おうとしたわけですから。
この時、心底、紛失時の手続きはすぐにでも行わないとダメなんだと実感したのです。
不正使用されたときの対処法はこちらhttp://www.virgilgoode.com/use.html
現在ではICチップ付きのクレジットカードhttp://www.aroundtheworldin140days.com/ic.htmlもあるので、安全性が高いほうがいいという方にはそちらをおすすめしたいです。

Copyright 2013 カードを持ってお得.com All Rights Reserved.