クレジットカード保有によるデメリットとは

 クレジットカードを持っていない方に、なぜ持たないのかと聞くと、多くの場合、「なんとなく怖いから」といった答えが返ってきます。
私の母も「なんとなく怖い」派で、未だに、年に1度の海外旅行の際に便利だからと作った1枚のカードのみで生活しており、国内の買い物でカードを使うことはほぼありません。
一方で、クレジットカードを日常的に便利につかいこなしている方に、クレジットカードを持つことによるデメリットを聞いてみると、「思いつかない」という答えが返ってくることも多々あります。
私も、これまでに何枚ものカードを作り、それぞれのメリットを享受しているものの、デメリットに怯えながらそれらを保有しているということはありません。
しかしながら、気をつけるべき点については簡単にリストアップすることができます。
 真っ先に注意したいのが、使いすぎてしまいやすいhttp://xn--lckeeg1b4d9aj20aya7fb6i5910cje3bf5xa2o7b625g.com/tukaisugi.htmlという点です。
クレジットカードを「魔法のカード」と呼ぶ冗談を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
クレジットカードは、手元に現金が無くともカード会社がその場の支払いをしてくれる、まさに魔法のカードです。
しかしながら、「魔法」の効果はすぐに切れてしまいます。
一括払いですぐに支払える金額のうちは問題ありませんが、リボ払いや3回払い以上の分割は手数料がかかります。
「リボ払いは支払いが終わらない」などと言われることがあるようですが、もちろんそんなことはありません。
予め明示されている通りの利息が加算されているだけであり、いくらの支払いがいつまで続くのかは、買い物前に、利用者自身による計算・支払い予測が十分に可能なのです。
リボ払いについて詳しくはこちらhttp://lilyfan.net/ribo.html
 また、長期間の返済が続いた結果、延滞してしまう方も、中にはいらっしゃいます。
延滞は、ぜひとも避けたいものです。
若い方の中には、お金ができたら払うからと気軽に延滞してしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、これはご自身の信用情報に傷をつけることに繋がります。
つまり、ブラックリストに名前が載ることになってしまうのです。
このことは、住宅ローンを組む際などに、"審査落ち"という形でご自身に返ってくることにもなりかねません。
 以上を読まれても、自分の身には全く脅威と感じられないという方は、おそらく毎月の支払い状況も問題なく、カードのメリットを上手に活用されていることでしょう。
クレジットカードのデメリットは、他の多くのこと同様に、ご自分でご自分を律することができさえすれば、十分に避けることが可能なのです。
また、クレジットカードの管理に役立つアプリhttp://www.rejn.org/apli.htmlもありますので使ってみてはいかがでしょうか。
こちらにもクレジットカードを持つ最に注意してほしいことが載っています。
料金未払いや滞納はカードが無効になり使用できなくなる可能性もありますので気をつけましょう。

Copyright 2013 カードを持ってお得.com All Rights Reserved.